既製品の印鑑で実印登録しても良い?


実印登録に出来合いの印鑑は使えるのか

文具店、100円ショップ、ホームセンターなどで既に苗字が彫ってある状態の印鑑を販売しているのを見たことがあると思います。

この既製品の印鑑のことを「三文判(さんもんばん)」と呼び、同じ印影を大量に作ることが出来るのでオーダーするよりも安い値段で販売することができます。

三文判は何の印鑑にもできる!

三文判は、あまり見かけない特殊な苗字でない限り、ほとんどの名前が揃っています。

手ごろな価格で購入してすぐに使えるので、急ぎ印鑑を必要としている時には非常に便利です。

三文判というのは、どんな用途にも適用できるように作られているので、認印や銀行印として使う事も出来ます。

また、サイズや印影などの規定としては印鑑登録を行うこともできるので、実印として使用することも可能です。

実印に三文判を使うのは良くない!

しかし、いくらすぐに安く購入できる印鑑だからといって、三文判を実印として登録するのはおすすめできません。

三文判は機械によって大量生産されている印鑑なので、同じ印影が日本中にいくつも存在することになります。

実印は印鑑登録の際に印影を登録するので、「どの印鑑か」ではなく「どの印影か」によってその効力が判断されます。

つまり、大量生産されている三文判の陰影を実印として使ってしまうと、自分の知らない所で自分の実印が勝手に使用されてしまうといったトラブルが起こりやすくなるのです。

重要な場面で使う印鑑だからこそ、自分だけの1本を用意し、リスクを防ぐようにすることが非常に重要です。

ちなみに、実印と同じ理由で、三文判の銀行印への利用も避けた方が良いでしょう。

銀行では、自分の大切なお金や金融商品に関わる取引を行いますので、誰でも手に入れられてしまう様な印影を使うのは危険です。

役所では印影の確認はしていない

もし、間違えて三文判を実印として登録手続きを行った場合、そのまま自分の実印として登録作業が進んでしまいます。

役所では、実印のサイズや規格、文字などの確認はしてくれますが、持ち込んだ印鑑が三文判かどうかまでは確認してくれません。

三文判は規格としては印鑑登録が出来るハンコですから、そのまま登録されてしまうのです。

一度登録した実印は抹消することもできますが、また新たに実印を登録する手数料や手間がかかってしまいますので、最初からきちんと作った印鑑を登録するようにしましょう。